Land FXは海外FX業者の中でも
低スプレッドがウリで、
使いやすいFX業者となっています。

 

しかし、低スプレッドで
使いやすいからと言って
無茶なトレードをすると
禁止事項に引っかかって
口座凍結が起きる場合もあります。

 

そこで今回は、
Land FXで口座凍結にならない為に
トレードの禁止事項をお伝えします。

 

Land FXでの禁止事項は?

では早速、
Land FXでの禁止事項について
お伝えしていきます。

 

実は私自身でLand FXへ直接、
トレードの禁止事項について
問い合わせてみたところ、

・アービトラージ(裁定取引)
・異口座、異業者間の両建て
・接続遅延、レートエラーを狙ったトレード
・ボーナスの不正利用

といったトレードが
禁止されている事がわかりました。

 

この中でも特に注意すべきなのが、
アービトラージと
異口座・異業種間の両建てです。

まぁ、この2種類に関しては
同じような内容なのですが。

 

アービトラージとは、
2つの違う海外FX業者間の
価格差を狙ったトレード手法です。

 

例えば、
Land FXと他の海外FX業者では、
常に同じレートというのではなく、
微妙にレートが変わってきます。

 

しかも、
指標など大きく動くような相場の時は
FX業者のカバー先によって、

・Land FXでは大きく上昇する
・別の業者では大きく下落する

といった予想外の動きをする事があります。

 

このような状況になったら、

・Land FXで売りポジションを持つ
・別の業者で買いポジションを持つ

といったことをすれば、
価格差の分だけ利益が取れますよね。

 

また異口座、異業者での両建てだと、
ゼロカットを利用したトレードで
利益を出すことができます。

 

例えば、指標発表直前に
フルレバレッジを使って

・片方の口座で買い
・もう片方の口座で売り

といったことをすると、
仮に指標で大きく上に動いた際に

・買いは爆益
・売りはロスカット

ということになりますよね。

 

しかし、ロスカットになった方は、
海外FX特有のゼロカットによって
マイナスの口座残高がリセットされるので、
損失は自己資金だけに限定できます。

一方でもう片方の口座は爆益なので、
トータルするとプラスの損益になります。

 

あとはこれをひたすら繰り返していけば、
雪だるま式に資金が増えていきます。

 

ただし、ゼロカットでは、
マイナスになった口座残高が
ゼロにリセットされているのですが、
この損失の補填はLand FXがしています。

ということは、
ゼロカットを何度も繰り返されると、
Land FX側の補填額も大きくなり、
損失が膨らんでいくことになります。

 

このような事を防ぐ為に
Land FXでは、アービトラージや
異口座、異業者間の両建てを
禁止事項にしているのです。

 

因みに、禁止事項にある
トレードをした場合は、
基本的に利益が取り消されるだけです。

しかし、禁止事項を繰り返すと、
悪質と見なされて、
口座凍結されることになります

 

禁止事項に書かれていない禁止事項もある

上記では、Land FXでの
禁止事項についてお伝えしました。

 

ただし、実は上記の禁止事項以外にも、
隠れた禁止事項があって、

・指標だけを狙ったトレード
・指標時のスキャルピング
・月曜朝一の窓開けだけを狙ったトレード
・EAなどでの高頻度の注文・取引

といったことも、
実は禁止されている可能性が高いです。

 

これらは規約には書いてありませんが、
ほぼ確実に禁止事項と見なされるので、
注意しておきましょう。

 

これはLand FXに限らず、
他の海外FX業者や
国内のFX業者でも同じなのですが、
規約の禁止事項をよく読んでみると、

「両建て、アービトラージ“等”

と書いてあるのですが、
これが意味するのは、

“規約に書いてあること以外にも
禁止事項はあるよ”

ということになります。

 

だから、正直なところ、
FX業者側がダメだと判断したら、
何をしてもダメになる事を意味しています。

そして、私が海外のFX業者を
10年以上使ってきた経験上、
規約に書いてあること以外の禁止事項が
上記で書いてあるトレードになります。

 

普通にトレードさえしていれば問題はない

ここまで、
Land FXでの禁止事項について
お伝えしてきました。

 

上記の禁止事項を全てまとめると、

・アービトラージ(裁定取引)
・異口座、異業者間の両建て
・指標だけを狙ったトレード
・指標時のスキャルピング
・月曜朝一の窓開けだけを狙ったトレード
・ゼロカットを利用したトレード
・接続遅延、レートエラーを狙ったトレード
・ボーナスの不正利用
・EAなどでの高頻度の注文・取引

といったように、
物凄い多くの禁止事項がありますよね。

 

しかし、これらの禁止事項に
共通しているのは、

“Land FX側に損失や負荷を与える”

といったことになります。

 

ということは、
このようなことをせずに、
普通にトレードさえしていれば、

“禁止事項に抵触して口座凍結される”

なんてことは基本的に起こりません。

 

それに、Land FXでは、
スキャルピングも禁止はしていないので、
数秒で取引を完結させるようなことを
過度にやらなければ、
スキャルピングもできます。

 

「海外のFX業者を使ったら
出金拒否をされた!」

なんて騒いでいる人を
よく見かけますが、
そのような人の9割以上が
実は禁止事項に抵触しているのです。

 

海外FX業者の場合、
規約は基本的に全て英語なので、
面倒くさがって読まずに
トレードをするから
知らず知らずのうちに
禁止事項に触れて利益を取り消されるのです。

 

実際に私もLand FXを使って、
普通のデイトレードをしているのですが、
今まで一度も
出金拒否をされたことはないですからね。

 

まとめ

今回は、Land FXでの
トレード禁止事項の内容について
お伝えしてきました。

 

禁止事項だけを見ると、
かなり多いように感じますが、
実はこれらの内容には共通点があって、

“Land FX側に損失を与える”

ということさえしなければ、
まず禁止事項には触れないはずです。

 

逆に、普通にトレードさえしていれば、

・レバレッジ500倍
・100%入金ボーナス
・ゼロカット

といった仕組みが揃っているので、
非常に使い勝手が良い
海外のFX業者になるでしょう。

 

 

 

Land FXを使って、
実際にトレードをしているところを
動画で撮ってみました。

もし、実際の約定力を知りたい場合は、
以下の動画も見てみてください。
Land FXでのトレード動画


また、海外FXについての、

・詳しい使い勝手
・税金関係
・入出金トラブル

といったことを
更に詳しく知りたい場合は、
以下のサイトで
海外FXについてまとめてみました。
海外FXを徹底評価したサイト

このサイトを見ることで、
あなたにとって
"海外FXが本当に使えるのか?"
という事がわかるようになるので、
良ければ参考にしてみてください。。